恵比寿でケミカルピーリングを受けてみた

ニキビが出来やすく医師からケミカルピーリングを提案される

子供の時からニキビが出来やすいことがコンプレックスで、顔にはポツポツとニキビが炎症した後に出来てしまったニキビ跡が残っています。
また大人になってからは顎やフェイスラインを中心に大人ニキビが出来ることが多く、普段のスキンケアだけでは改善することが出来なかったので、恵比寿にある美容皮膚科に相談をしたところ、医師からケミカルピーリングのお手入れが向いていると提案してもらいました。
美容皮膚科で受ける治療というとレーザー治療がメインだとイメージしていたので、レーザー機器を利用した治療を受けるのかと思っていたので、薬剤を使用したピーリングケアで自分の肌質が改善するなら手軽で良いと思い、実際に施術を受けてみることにしました。
エステサロンなどでもピーリングを利用したお手入れは受けたことがあったのですが、美容皮膚科などの医療機関で行うケミカルピーリングはフルーツ酸の一種であるグリゴール酸と呼ばれる薬剤を肌に塗ることで、表皮の古くなった角質を剥離させる効果がある施術だと説明を受け、薬剤を利用して強制的に肌のターンオーバーを正常化させることができるお手入れだと理解しました。

最初は高濃度の酸性の薬剤を肌に塗るなんて、肌が赤くなったりヒリヒリと痛みを感じるようになったらとかなり不安もあったのですが、実際に施術を行う際には担当してくださった医師の方が肌質をきちんとチェックした上で、ピーリング剤の濃度を調整するので自分の肌質にあった濃度でお手入れが受けられる点が安心して受けられる理由だと感じました。

ニキビが出来やすく医師からケミカルピーリングを提案される薬剤の効果により一度のお手入れでも高い美肌効果を得られる施術後はニキビができにくくニキビ跡が薄くなったのが一番嬉しい